銀行・日本政策金融公庫から

銀行から事業資金を調達する

自分で事業を始めようとすると、ある程度の額の資金が必要です。その際に、全額を自前で賄う人もいますが、外部から資金を調達しようとする人も多いでしょう。事業資金の調達方法はいくつかありますが、その中のひとつが銀行からの融資を受けるというものです。銀行から事業資金の融資を受けることには、支店が多いために相談しやすい・利便性が高いなどのメリットがあります。また、プロパー融資といって銀行から直接融資を受ける方法の場合、金利を低く抑えることが可能にもなります。一方で銀行の融資審査は厳しいと言われており、審査に通るまでに時間がかかる・創業間もない企業や中小企業は審査に落ちることがある、というデメリットもあります。銀行を資金調達先として考える場合には、このようなメリット・デメリットを把握しておくことが必要です。

日本政策金融公庫から融資を受ける方法もある

「銀行の融資審査には通らなそう」「できるだけ速やかに融資を受けたい」というときには、日本政策金融公庫を利用するという方法もあります。日本政策金融公庫とは、国が100%出資している金融機関です。日本の経済活動を活性化するために設立された機関であるため、中小企業であっても融資審査に通りやすく、金利が低く抑えられているのが特徴です。また、事業に関するアドバイスを受けることもできますし、公庫で融資を受けておくと、その後に他の金融機関から融資を受けやすくなることもあります。事業を創業したばかりの時には、まずは日本政策金融公庫からの融資を考えてみるのも良いかもしれません。融資の依頼の際には、日本全国にある公庫の支店窓口で相談しましょう。近くに窓口がないときには、事業資金相談専用ダイヤルに電話するのが便利です。