投資家・クラウドファンディングから

個人投資家から事業資金調達

事業資金を調達する方法はいろいろありますが、その一つが個人投資家から投資してもらうということが挙げられます。
個人投資家とは、個人の資産などで株や投資信託などに投資することを言います。そんな人に対して起業するための資金を投資してもらい、得た利益を返していくという形になります。
個人投資家に事業資金をバックアップしてもらうというのは、お金だけではないメリットもあります。個人投資家の場合、起業をしていた人もいるため経営アドバイスや事業アドバイスなどをしてもらうことができたり、人脈を紹介してもらうことができます。
また、起業仕立てで信用がない時点でも資金調達することができるのも、融資してもらえるのも大きなメリットです。

クラウドファンディングでの事業資金調達

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数の人から資金調達するという方法です。近年では、中小企業が新規事業を行うために活用するなどが行われています。
起業する場合は、自己資金を用意するか、実績を作って銀行などから融資してもらうことが一般的でしたが、クラウドファンディングでは賛同者から資金を集めてスモールスタートを行うことができます。
クラウドファンディングには、市場に出回っていない物やサービスを提供してお金を出してもらうタイプと、寄付という形で資金を提供してもらうなどのタイプがあります。
不確実性の高い事業であっても資金を調達することができたり、現金以外からもリターンが設定できるというのがメリットです。