事業資金の調達方法

事業資金を集める方法は、様々存在しています。おおよその場合自己資金だけでは賄うことができないので、調達方法を考えて、そのために必要な手続き方法を知っていなければなりません。おおよその調達方法を説明します。

補助金・助成金から

事業資金の調達には色々な方法がありますが、それらのなかでポピュラーなのが補助金を利用することです。特に便利なのが新しく事業を始めたいと思っている方に支給される補助金で、100万円から最大200万円…

投資家・クラウドファンディングから

事業資金を調達する方法はいろいろありますが、その一つが個人投資家から投資してもらうということが挙げられます。個人投資家とは、個人の資産などで株や投資信託などに投資することを言います。そんな人に対し…

銀行・日本政策金融公庫から

自分で事業を始めようとすると、ある程度の額の資金が必要です。その際に、全額を自前で賄う人もいますが、外部から資金を調達しようとする人も多いでしょう。事業資金の調達方法はいくつかありますが、その中の…

事業資金の必要性について

事業資金とは、会社や店舗などの事業を立ち上げたり、運営をしていくために必要となるお金のことです。事業内容によって、必要となる金額は変わるが、日々の経営において十分な資金を確保しておくことが大切です。

事業資金の調達方法の選び方

事業資金の調達方法は様々存在していますが、そのどの調達方法であっても同じように資金を得ることができるというわけではありません。そのため、事業資金を調達する際には、どのような目的で資金調達するのかを考えて、選別していくことが重要です。

金利の高さ・返済義務で選ぶ

金利はなるべく低いものを

事業資金を調達するときは事業融資を活用する人が多いです。融資は給付とは違って返済義務がありますので、完済までを想定して選ぶことが大切です。事業資金はキャッシングなどの個人向けローンよりも借入総額が大きくなることが多いため、1%の金利の違いは非常に大きいものとなります。 利息は借入総額に比例する性質があり、同金利のローンで10万円借りるのと100万円借りるのとでは利息に10倍もの差が生じるのです。それゆえ事業融資の選び方では金利比較が必須となり、年利10.0%と15.0%のローンがあった場合、前者から借りたほうがお得になります。ただ事業融資の金利には幅が設けられていることが多く、最低金利5.0%~最高金利15.0%といった表記になっていることがあるので、最高金利の部分で比較して選んでいくのが安心です。

ローンには原則として返済義務がある

事業資金を事業融資で調達する場合、必ず返済義務が発生してきます。融資はボランティアではありませんので、返済能力を有する人にしか貸してくれないのです。一方でファクタリングなどの例外は存在し、この場合は売掛金を売却して資金調達をするので返済義務は発生しません。クルマを売却して現金を受け取った場合、現金の返済が必要ないのと同じ理屈です。 ローンの利用条件に該当している人や返済能力がある人は事業融資を利用するのが得策ですが、借りられない人や早急に資金調達をしたい人などはファクタリングも検討してみましょう。ただファクタリングには売掛金が入金されるまで一時立替という形で貸し出しするタイプもあり、この場合は売掛金が入金されたらファクタリング会社に返済する必要があります。